--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-20(Sun)

昔の人は偉大だ!

東北関東大震災にて亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
一日も早い復旧復興を願い、被災者の皆様のご無事を心よりお祈り申し上げます。


「さき」、ベランダにて…
さき11032001
座る…(ちんまり)

「さき」、テレビ前にて…
さき11032002
立つ…(猫背や~)

「さき」、ハンモックにて…
さき11032003
寝る…(すやすや)

単純ですが、「さき」の何気ない仕草です…って、
「さき」、まるで「おばあ」のようじゃないか?!!!!(>_<)ゞ

でも「おばあ」で思い出すのは昔の人たちの意見はしっかり聞いておくほうがいいということ。
今回の地震・津波で、船上で地震にあった人が、昔の人の言い伝えで
「沖へでたほうが津波が回避できる」ということを思い出して沖へ逃げたと言う記事がありました。
やっぱり「おばあちゃんの知恵袋」のように、何気ない話の中にとても役立つ
大切な情報があるんですよね~!!
(この記事は「続きを読む」に転写しました。)

さきちゃん、素敵なおばぁちゃんを目指せ!!

どの写真もクリックすると別窓で大きくなります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                      ↓ポチっとよろしく~♪(*^^*)
                      ソマリランキング

いただいたコメントには、その後に必ずお返事のコメントをさせてもらってますのでよろしくです♪
             -よそ様を訪問すれど読み逃げ専門のhitomiより(*^^*)-
「沖へ」「陸へ」漁師の生死分けた一瞬の判断 大船渡【朝日新聞】 (インフォシーク)
 津波で破壊された岩手県大船渡市・吉浜湾の漁港。漁網やブイが散乱していた。
東日本大震災の大津波で、アワビやワカメの養殖で知られる岩手県大船渡市北部の漁港も壊滅的な打撃を受けた。約300人が加盟する吉浜漁協も施設のほとんどが破壊された。だが、吉浜湾内で操業中だった漁師の大半は難を逃れた。命を守ったのは、一瞬の判断だった。
 11日午後2時46分、ワカメの間引きをしていた漁船約10隻を、地震が襲った。
 「いつもの地震と違った」と柏崎寿さん(59)。船底からガタガタと大きな音がした。湾を囲む岬の森から、スギ花粉が山火事の火の粉のように舞い上がるのが見えた。
 船上には、妻の久美さん(54)、次男の紘治さん(26)もいた。柏崎さんは作業を中断し、沖へ急いだ。水深約70メートル地点で停泊。津波が押し寄せたのは約15分後だった。「水面の上昇に合わせて船全体が浮き上がっただけ。全く揺れなかった」 道下孝人さん(47)と父の芳男さん(76)が乗っていた3トンの漁船も地震で大きく揺れた。孝人さんの頭をよぎったのは、昔から聞かされていた知恵だ。「水深の深い沖なら津波は高くならない」
 芳男さんも、先輩漁師から「昭和8(1933)年の三陸大津波で、沖に出て助かった」と聞いたことがあった。 エンジンを全開にして数キロ先の沖をめざした。船が津波を越えていった感覚はなかった。だが、振り返ると、漁港の方で波が盛り上がり、白波が立つのが見えた。

 昨年のチリ地震で津波が届いた際も、湾内の多くの船が沖に出て乗り切った。
 水産庁は、05年の福岡県西方沖地震を受け、ガイドラインを策定。漁船などが陸上よりも避難海域に逃げる方が早い場合は「水深50メートル以深の海域へ避難し、大津波警報が出された場合は、更に水深の深い海域へ避難する」としている。
 2人は沖合で待機し、翌日夕方、漁港に戻った。船はひっくり返り、吉浜漁協が入る2階建ての建物屋上に小型漁船が乗り上げていた。「どんなにしけても、どんな台風が来ても、船が壊れることなどなかった」と、ぞっとした。
 一方、庄司満さん(55)の船は小型だったのでスピードがない。雨風をしのぐ船室もないため、一晩停泊したら凍死の恐れもあると考えた。
 「目安は15分だった。それまでに陸に上がればギリギリ逃げられると思った」。不安はあったが、ちょうど15分で岸に到達。車でさらに高台に逃げた。その10分後に津波が襲ってきた。庄司さんは「一瞬の判断。ばくちだった。生き延びたが、二度と見たくない光景だ」と語った。(遠藤雄司、赤井陽介、宮山大樹)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

遊びとはいえ、たまに荒れた海でのサーフィンや大会も多々経験してきたから、この沖に避難するはサーファーにはもう鉄則みたいなものでした。波を被らないためには浅瀬から離れて波が割れる(←割れるってドシャ~ン崩れるの意)場所を逃れないと飲み込まれるんですよね(-_-;) ショップの社長らもこの話されてましたわ。
今日は久しぶりにめーーっちゃゆっくり寝ました。なんかここ数日あっちゃこっちゃと走り回ったりしてたし画面は画面で連絡等で時間取ってたし…電話にメール、東京・千葉辺りのサーファーのツレら、結構疲れてますわ… 海が怖いとか言うてる奴もおるし…
今年から復活しようとか呑気に考えてた私も、全く行く気がなくなったぁ…(-_-;)
あ、さきちゃん、ゆきちゃん、可愛い写真をありがとだにゃん♪

しゅりっちさま★

コメントありがとう!♪
そうなんや~(゜o゜)サーファーの間では
一種の常識だったのね~?驚き~!!
昔あんなに夢中にやっていたこととかも今では、
猫と戯れる時間にはかなわないよね~♪
プロフィール

somarin

Author:somarin
ソマリファミリー

サニー

ミーク

ホープ~1
2012年3月19日 6歳で虹の橋へ

テーム~1

ピュア~1

ダイナ~1

マリオ

チャー~1

ベル_1~1

マロン~1

さき_1~1

ゆぱ

今日は何日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
手作りじゃらし
にゃんぱくバナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。